H30年度産平干しかんぴょう200g【送料無料】

備前市坂根。
西には岡山県の三大河川の一つ「吉井川」。
北東には「熊山遺跡」をはじめ歴史的文化遺産がある標高507.8mの熊山。この熊山から吹き降りてくる風を、土地の者は【坂根おろし】と呼ぶ。その冷涼な風が昼夜の温度差をもたらし、適度に湿度をコントロール。
美味い米をつくるには欠かせない。

古くから交通の要所でもあった坂根では、その豊富な水源をもとに農業が盛んであり、かんぴょう・はっかが主産物であった。大正十一年には一反の広さに耕地整理を行い、水田十四町二反八畝を三年かけて完成させた。水を得るために足踏み水車三丁を使って、リレー式で回し水を確保していたが、発電機からモーターへと変わり、水路から高台の田んぼへ組み上げる水車も一丁だけとなった。


◎坂根営農会◎
 ここ坂根も高齢化が進んでおり、小学生がいる世帯も二軒のみ。もちろん耕作放棄地にしないため田んぼを管理している人も高齢化しており、そのことを懸念している人々によって平成二十三年に【坂根営農会】が結成された。徐々に管理する面積も増やしたりと試行錯誤で取り組んでいる。(現在150aの水田を管理)
 ちゃんとした価格で販売でき、収益を上げることで、組合としての存続が保たれ、新たな後継者も育っていくのではないかと考えます。


◎平干しかんぴょう◎
全てが手作業。
代々受け継がれてきた 土地・道具・製法。
生まれ育た土地だから、
雲の流れ一つで、今日の天気がわかるから。
晴れの国ならではの、河原に平らにのばして、
お日様任せの自然乾燥。
薄く均等に乾くため、もどりも早く、味のしみこみもよく、ふっくら美味しい。
販売価格 3,000円(内税)
購入数


About the owner

店長ヤギさん

初めまして店長の「ヤギさん」です。私は「ヤギさん」という名前の2児(仔)の母です。店長業のほかに、畑の側面の草を食べるのがお仕事です。 阿比留屋は「岡山県備前市坂根」 で 【アヒル農法】 でお米を作っている「農家直売」 のお店です。

Top